2008年09月04日

チェスの史上最年少世界チャンピオン出現なるか?

2008年9月2日からスペイン・ビルバオ(Bilbao)で開催されているチェスの世界最高レベルのトーナメント「Grand Slam Chess Final Masters」で、17歳のノルウェー人、マグヌス・カールセン(Magnus Carlsen)さんが注目を集めているそうです。

優勝賞金は、15万ユーロ(約2400万円)。
ちなみに、最下位の 6位でも 3万ユーロ(約500万円)の賞金を得られるとのこと。

17歳の頃の私が無収入だったことを思うと、稼ぎの良さに感嘆するばかりです。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105999201
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。