2007年06月09日

他の将棋プログラム

コンピュータ将棋選手権など、将棋プログラム同士が対戦する大会に出場する場合、好成績を目指すには事前に他の将棋プログラムを研究しておく方がよさそうです。

コンピュータ将棋選手権で最終日に勝ち残るレベルのプログラムについては何らかの対策をしておくべきか?

思考エンジンの開発が未着手の現段階では具体的に計画を練る必要はないのですが、いずれは考えなくてはいけない問題。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋ソフト開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。