2007年06月10日

将棋プログラムのインタフェース「USI」

USIとは、将棋の思考エンジンと GUI部分の情報交換について規定するプロトコルで、2007年1月24日付けで発案者の Tord Romstat 氏が原案を The Universal Shogi Interface (USI) として公開しました。
コンピュータチェスの分野では知名度の高い UCIをベースにしているとのことです。

以前、 Takodori's Self-brainstorming How to Promote Shogi Globally というブログに Universal Shogi Interface (USI)についての記事が投稿されたことがあり、USI原案の和訳もあります。
なお、上記記事群は USI関連 のカテゴリに入れられていて、まとめて読むことが出来ます。

上述のブログでの USI関連の記事は、2007年2月13日付けの shogi-lとにおけるやりとり が直近のもの。
その後、「SHOGI-L」というメーリングリスト上で、USI関連の具体的なやりとりはないようです。

現時点で、私は、「CSA将棋」のインタフェースを参考にした独自インタフェースで GUI部分と思考エンジンのやりとりを行おうとしています。
でも、将来は、USIプロトコル対応のインタフェース関数を実装しようかと思っています。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋ソフト開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44391748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。