2007年09月04日

日焼けなどのかゆみを止める免疫細胞を発見

「日焼けなどのかゆみを止める免疫細胞」の考え方を将棋に応用するとしたら、どのようなものになるか?

対戦相手が軽視する手法での攻撃、例えば、相手の王将から離れた位置の歩を取りにいくことが考えられます。
基本的な運用は、一撃離脱。ボクシングでいうところのヒットアンドアウエーになるでしょう。

将棋プログラム相手の戦いで通用する手法かどうかは、検証みてみないと分かりません。
現時点では「損な手法」という気がしてますが、実験してみる価値はありそうです。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53892915
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。