2007年09月06日

ロボット三原則と将棋プログラム

スラッシュドット ジャパンの書き込みを読んでいて、 Asimov's Laws of Robotics Applied to Software という論文の存在を知りました。

アイザック・アジモフのロボット三原則をソフトウェアの設計指針に適用できるという内容とのこと。

第三条 ソフトウェアは自己をまもらなければならない。

少なくとも、思考エンジンを搭載して対局機能を持つ将棋プログラムについては、第三条は正しいように思います。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54229258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。