2007年09月13日

進歩派と保守派は神経細胞の反応が異なる

将棋の特定の局面で、複数のプロ棋士が異なる見解を示す場合があります。
棋風の違いと言ってしまえばそれまでですが、「神経細胞の反応が異なるため」と理由付け可能ならば心情的には納得できる気がします。

将棋プログラムに学習機能を組み込む場合、学習結果をパラメタに積極的に反映させるか、かなり慎重に見極めてから取り入れるかによって、短期的には異なる棋風を実現できると思われます。
長期の学習で最終的に同じような結果になるかどうかは、学習機能のアルゴリズムに依存するでしょう。局面評価のアルゴリズムを自ら変更できるような仕組みが望ましいか?
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55102490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。