2007年09月16日

掲示板の書き込みを見て

2007年9月16日の 5時6分、「コンピュータ将棋や囲碁の掲示板」に「うちの工□店長」と題する書き込みがありました。
題名から容易に推察される通り、コンピュータ将棋やコンピュータ囲碁とは無関係の内容。

本文のうち、末尾の URL部分以外を以下に引用します。

-- 引用開始 --
氏んだらいいのに〜。。
ほとんど働かないくせに羽振りいいと思ったら、こんな事やってやがった!
不細工のくせして、がっぽり稼いでるっぽい。。。
-- 引用終了 --

将棋で、上記のような局面を実現するには、どのようにするのがよいか?

「ほとんど動かないにもかかわらず、目の前に来た駒を取り続ける駒」が存在すれば、条件に該当すると思われます。

敵の駒を特定の場所に誘いこんで捕獲する蟻地獄のような状況。
「誘いの隙」を完璧に使いこなせれば、意図的に実現できる可能性はあるかもしれません。

実際には隙ではないのに、将棋プログラムからは「隙にしかみえない形」は、多分存在すると思います。
でも、それを見つけ出すアルゴリズムの発見は難しそうです。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55572760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。