2007年10月16日

にんにくの心臓血管疾患への効果を科学的に証明

アラバマ大学(University of Alabama)の環境衛生科学専門の生理学者、デビッド・クラウス(David Kraus)氏率いる研究チームの研究によれば、市販のニンニクから抽出した汁に少量の赤血球を加えると、赤血球は硫化水素を放出するそうです。

実験の結果、血管を広げ、血流を促すために必要不可欠な伝達物質が硫化水素(H2S)ということが分かったとのこと。

賞荻というゲームでニンニクに相当する要素は何か存在するのだろうかと、しばし考えてみましたが、思いつきませんでした。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋以外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。