2007年09月17日

史上最年少のチェス世界チャンピオンを狙う16歳

現時点でチェスの世界チャンピオンの最年少記録は、ウクライナのルスラン・ポノマリョフの 18歳(2002年当時)だと思います。
引用元記事で取り上げられたMagnus Carlsen氏は国際チェス連盟(World Chess Federation)でランキング17位ということですから、可能性はあるというところでしょう。

日本の将棋の名人位の最年少記録は、谷川浩司九段の 21歳。
将棋の場合、5段階にクラス分けされた順位戦を勝ち抜く必要があり、名人に朝鮮するにはプロ入りしてから最短でも5年かかります。
16歳で将棋のプロ名人になるのは、不可能に近いでしょう。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

脳機能活動に関する共同プロジェクト

2007年8月3日付けで、富士通株式会社のサイトに 研-富士通が脳機能活動に関する共同研究プロジェクトを開始 とのプレスリリースが掲載されました。

将棋における局面の状況判断や指し手の決定過程等にかかわる脳の神経回路の情報処理メカニズム、人間に特有の直感思考の仕組みを解明することが目的とのこと。

将棋を指す上で、従来の人間(プロ棋士)の思考方法が最善かどうかは分かりませんが、今回の共同プロジェクトの成果が世に出るなら、コンピュータ将棋のプログラムを強くする上で参考になる可能性はありそうです。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

将棋の手損は損か

「手損はプロの恥」という表現をどこかで読んだ記憶があります。
1987年に亡くなられた芹沢博文九段の言葉だったと思いますが、確信はありません。

近年では「1手損角換わり戦法」が出現したりしたこともあり、手損が損にならない場合もあるという考えが有力になっている感はあります。

個人的には、「手損は損」が基本だと思っています。
でも、持久戦では手損が損にならない局面になりやすいか?
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

瀬川晶司四段が将棋ゲームにコメント

日経ネットナビに、2007年7月24日付けで「プロ棋士の瀬川晶司さん、将棋ゲームはまだまだ」の記事が掲載されてました。

下記URL参照(リンクせず)。

http://www.nikkei.co.jp/netnavi/chotto/cho070723.html
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋の完璧な手順

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」
これは、村上春樹の『風の歌を聴け』の冒頭部です。

最初の「文章」を将棋の手順に置き換えると、「完璧な(将棋の)手順などといったものは存在しない。」となります。
置き換えた後の文章は、文学的には陳腐ですが、完璧な手順が存在するか否かはコンピュータ将棋のプログラムを作成する観点では大きな意味があります。

二十数年前、『燃えろ!一歩』という将棋漫画が週刊少年チャンピオンに連載されていました。作者は、堂上まさ志。
作品の中で主人公の小学生が「完全将棋」と称する先手必勝の陣形を創案。
「完全将棋」で将棋を極めてしまった主人公が苦悩する場面があった気がします。
まあ、本当に将棋の結論が分かってしまったら、プロ棋士の存在意義がなくなってしまうと考える人もいるでしょうね。

とりあえず、私が生きている間に将棋の完璧な手順が解明されることはなさそうですし、完璧な手順が存在することを信じて将棋プログラムの作成を試みていくつもりです。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

コンピュータ将棋等の掲示板@入門編

『GA将!』の作者氏が 2007年 7月 2日に コンピュータ将棋等の掲示板@入門編 を開設されたということを、先程、知りました。

ときどき、ロムさせていただこう。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々にコンピュータ将棋関連サイトを

このところセカンドライフ関連のサイト構築に凝っていて、コンピュータ将棋関連のサイトをあまり見なかったのですが、今夜、久しぶりに巡回しています。

若干、浦島太郎気分。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

将棋のNHK杯の鑑賞

十数年くらい、NHK杯を見ていなかったのですが、2007年4月から久々に NHKの将棋番組を見ています。
見ているといっても、リアルタイムで見たのは講座の第1回くらいで、それ以外は全てビデオ録画。

あまり熱心な視聴者ではなく、ビデオテープに空きスペースを用意する必要に迫られる度に録画済の将棋番組を鑑賞。
糸谷哲郎四段と鈴木大介八段の対局は 4月に放送だったと思いますが、ようやく先週あたりに見ました。

放送済の対局のうち、多分、7割くらいを見ていません。
ビデオテープを溜め込むのは問題なので、1日に30分ずつ見るようにしようと思います。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

将棋ゲームPCブログ開始

将棋ゲームPC というサイトを運営していますが、ブログも始めてみることにしました。
ブログ名称は、とりあえず、『将棋ゲームPCブログ』。

サイトとブログの内容的な住み分けについては、今のところ、何も考えていません。
posted by 将棋ゲーム趣味人 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋の雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。